むくみ・リンパ浮腫にお悩みの方へ

こじまクリニック HOME > むくみ・リンパ浮腫にお悩み方へ
むくみ・リンパ浮腫にお悩みの方へ、医療リンパドレナージセラピストによる支援が可能です
こじまクリニックでは"医療リンパドレナージセラピスト"の資格を持つ看護師が、院長に承諾を得た上でリンパ浮腫治療の支援を行います。"医療リンパドレナージセラピスト"は、医師・正看護師等の国家資格保有者のみが修了できる専門資格(厚生労働省認定)となり、ICAA認定リンパ浮腫専門医療従事者はリンパ浮腫の患者様へ、チーム医療の一員としてリンパドレナージやスキンケア、日常生活の指導といった治療を行う専門家のことを言います。
リンパ浮腫とは
リンパ浮腫は、何らかの原因でリンパ管の輸送障害により起こる浮腫(むくみ)のことです。手術や放射線治療後が原因でおこりやすく、腕や足、陰部の皮下組織にリンパ液が溜まり、発症しやすいと言われています。中でも乳がんや婦人科がん、前立腺がんが多いようです。術後すぐに発症したり5年、10年経過してから、発症することもあります。また、蜂窩織炎などを機に発症しやすく、一度、発症してしまうと完治させることは困難です。しかし、日常生活に注意していれば、悪化を防ぐことが出来ます。

複合的理学療法とは?

『複合的理学療法』(Complex Physical Therapy)は、リンパ浮腫に対する保存的な療法です。
医学的に検証された4つの主要素「スキンケア、医療リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法」を
個別の症状に応じて実施し、セルフケア指導(患肢挙上、生活リスク管理など)により奏功効果を
生み出します。


■スキンケア■
治療開始前に治療がすぐに始めることができるかどうか判断をするために、皮膚の状態を把握(スキンチェック)します。
また日常生活でも皮膚を清潔に保ち、保湿を心がけることがポイントになります。

■医療リンパドレナージ■
細胞のすきまに過剰に滞っている組織液やリンパ液を専門的なマッサージ技術により、健康なリンパ管へ誘導してむくみを改善させることができます。

■圧迫療法■
医療リンパドレナージにより改善された皮膚のやわらかく良好な状態を維持し、さらに組織液・リンパ液の排液を促すために行います。むくみの状態によって、弾性包帯を巻いて圧迫をする方法と、適切な弾性着衣(弾性スリーブ・弾性ストッキングなど)を着用する方法を上手に組み合わせて行います。

■排液効果を高める圧迫下での運動療法■
 弾性包帯・弾性着衣により患肢を圧迫した状態で、筋ポンプ作用を活かして効果的に組織液やリンパ液の流れを促す運動を行います。

適切な治療を受けることにより症状の改善が促され、精神的・肉体的苦痛が和らぎ、QOL(生活の質)の向上につながります。

※ご希望の方はまずはお電話にてお問い合わせください。ご利用方法等を詳しくご説明致します。

診療時間

住所:〒554-0013 大阪市此花区梅香1丁目21番12号

TEL:06-6466-1717






※診療時間は17時迄となっておりますが窓口での初診受付は15時20分
 再診受付は16時迄となりますのでご注意下さい