診療案内

  1. ホーム
  2. 診療案内

こじまクリニックでは通常診療【ペイン(痛み)クリニック・内科・整形外科】に加え、自由診療により可能になる高濃度ビタミンC点滴療法、漢方療法なども得意とし、お客様一人一人に最適で総合的な分野でサービスをご提供いたします。保険適用範囲などにつきましてはお気軽にお問い合わせください。

診療内容

痛み

身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として【痛み】は大切な役割を持っています。痛みが長く存在すると、より強い痛みや新しい痛みが現れ、悪循環が生じます。身体的・精神的な痛みを正しく評価し診療していくことが大切です。一人一人に合わせた診療をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

内科

内科診療では、咳や発熱、腹痛、嘔吐、下痢など急に起こる日常的な症状から生活習慣病のコントロール、慢性疾患の治療を行っています。

詳しくはこちら

漢方

患者さまの性格・体格・生活・精神状態などを総合的にとらえ、全身の状態を診断して上で患者さま一人一人に最適な漢方薬を使用して治療をしていきます。

詳しくはこちら

むくみ

立ち仕事で足がむくむ、座りっぱなしで足がだるいなど、むくみが気になる方はご相談ください。

詳しくはこちら

女性特有の症状

顔がほてる、汗をかきやすい、手足や腰が冷えやすいなどの症状があったらご相談ください。

詳しくはこちら

骨粗鬆症

骨粗鬆症検査を行い骨粗鬆症と診断された方には患者様に合わせて、内服または注射の治療を開始していきます。

詳しくはこちら

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、高濃度のビタミンCを大量に血液中に入れることで、血中のビタミンC 濃度を急激に上昇させて、細胞レベルまで浸透させ、身体全体に行き渡らせてビタミンCの効果をより良く得ようとするものです。
2005年アメリカの公的機関・国立衛生研究所(NIH)の科学者が「ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、がん細胞を殺す、副作用ほとんどない理想的な抗がん剤である」と発表したのがきっかけで2006年からアメリカで一気に注目をあびるようになりました。

詳しくはこちら

グルタチオン点滴

グルタチオンは生命を維持するために欠かせない成分ですが、20代をピークに加齢とともに減少していきます。グルタチオンを体内に効率よく最大限に摂取するためには点滴が最善の方法と言えます。

詳しくはこちら

プラセンタ

プラセンタエキスとはヒトの胎盤から抽出されたエキスの有効成分で体内の復調作用があり「本来あるべき状態に戻そう」という力を発揮します。

詳しくはこちら

にんにく注射

にんにく注射の成分であるビタミンB1は疲労の原因である血液中に蓄積した乳酸を分解してエネルギーに変えます。にんにく注射は疲労回復に必要なビタミンを身体に与えてくれ元気にしてくれます。

詳しくはこちら

美肌点滴、発毛・美肌点滴

コラーゲンをつくるときに必要なビタミンCの働きを助け、髪の毛やお肌を正常に保つパントテン酸、肌や髪、爪をつくり出すもとになるケラチンの生成を助けるビタミンH、シミ・そばかすのもとであるメラニンを無色化するシステイン、メラニンの生成を抑えるビタミンCを配合しています。

詳しくはこちら

自費検査

フードアレルギー検査、脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査、生活習慣病やガンの遺伝子検査、マイクロアレイ検査、腸内フローラ検査、MCIスクリーニングなどを行っています。

詳しくはこちら

マッサージ

コリやハリを放っておくと血流が悪くなり、筋肉内が酸欠状態になることで代謝が悪くなり、老廃物や疲労物質が滞ります。マッサージによりコリやハリを緩めて症状を緩和します。

詳しくはこちら

鍼灸

症状の原因になっている凝り固まった深部の筋肉に鍼を打ち、緊張を緩めて症状を緩和します。鎮痛作用、免疫機能の向上、自律神経や内分泌系の調節などに高い効果が期待できます。

詳しくはこちら

メディカルアロマ

メディカルアロマセラピーには本来備わっている自然治癒力を高め、体の内側から不調を治していく働きがあります。睡眠促進や筋緊張の緩和、疼痛の改善などの直接的な効果だけでなく、メンタルケアにも効果が期待されています。

詳しくはこちら

ページの先頭に戻る